[HCD]第2回 ISO9241-210読書会



「第2回 ISO9241-210読書会」に参加しました。

国際規格 ISO9241-210 (人間工学-インタラクティブシステムの人間中心設計)の読書会です。
2011年6月にスタートしたhcdvlaue ISO9241-210和訳プロジェクトの一つに位置します。

日時:2012.7.7 13:30-17:00
会場:セシオン杉並(高円寺地域区民センター・社会教育センター) 

■ 内容
--------------
テーマ:4章 人間中心設計の原則


今回は、4章をテーマに、HCDにおける人間中心のアプローチの6つの原則についてISO13407とISO9241-210の比較を交えて、ディスカッションしました。

<原則>
a)設計がユーザー、仕事および環境の明確な理解に基づいている。
b)ユーザーが、設計および開発全体を通じて参加している。
c)ユーザー中心の評価により、設計が運営およびブラッシュアップされている。
d)プロセスが繰り返している
e)設計がユーザーエクスペリエンス全体に取り組んでいる。
f )設計チームが多くの専門分野の技能と視点を含んでいる。
  →メリット:他の分野の制約と現実性に気が付くこと

ディスカッションを中心とした読書会を実現するため、場の作り(テーブルやプロジェクタの配置など)を前回と比べ、今回は意識しました。

試みられたプレゼンテーションパターン:
No.15:参加の場づくり
No.19:スキマをつくる

次回は、9月の開催予定です。


■ 参考情報
--------------
・ 隣り合わせの灰と青春:「hcdvalue「UX白書・ISO9241-210」翻訳プロジェクト
・ 隣り合わせの灰と青春:「hcdvalue「ISO9241-210」勉強会 #02
・ 無限と微小:「[HCD]ISO9241-210メモ(1)
・ 無限と微小:「[HCD]ISO9241-210メモ(2)
・ 無限と微小:「[HCD]第1回 ISO9241-210読書会
・ 無限と微小:「[HCD]第3回 ISO9241-210読書会
・ 無限と微小:「[HCD]第4回 ISO9241-210読書会
・ 無限と微小:「[HCD][デザイン]第1回 ISO 9241-210 JIS原案作成委員会に参加


このブログの人気の投稿

サービスデザインとISO 9241-210

【図解】ISO 9241-210におけるUXの定義

サービス設計12箇条とISO 9241-210